ブログサーバーの作成

ブログを運用する場合、レンタルサービスではなく、自前で用意する場合はVPSの利用やサーバーの構築が行われます。

VPSを利用する場合でも物理サーバーと同様の手順を踏むことになります。

OSの選定はかなり自由度があります。

多くはLinux系を利用しますが、Windowsのサーバー版であったり、FreeBSDなども利用されます。

BIGLOBEニュースに関するサポートサイトはここです。

インストールはVPSならボタンひとつですし、物理サーバーであってもイメージからインストーラーを起動させるだけです。
OSのインストールは非常に簡単になっており、Unix系でも質問に答えるだけで済むことが多いです。
インストール後は各OSごとにインストーラーが用意されているのでWeb、メール、データベースなどの必要なアプリケーションをインストールすることになります。Unix系の場合はインストールが終わればほとんど同じ設定項目です。
ブログ用としてはWordpressが利用されることが多いですが、他のCMSでもLAMP形態ならブログ機能がある場合が多いです。
LAMPはLinuxにアパッチとMysqlとPHPを入れたものであり、多くのCMSが対応している環境です。



ブログの構築についてはドメインも重要になりますが、プロパイダで運用する場合は注意が必要です。
個人向けのプロパイダではドメインを設定できないことが多いからです。

サーバー運用に対応したプロパイダが必要であり、個人で建てる場合は事前確認が重要です。



top