サーバーで利用されるOS

サーバーで利用されるOSは大きく分けて3つの系統があります。1つはLINUXなどのUnix系のOSです。オープンソースであることが多く、OSイメージを利用してインストールします。

ほとんどのパソコン、サーバー機種で動作します。



ただし、デスクトップ機能はまだまだ少ないようです。

2つめはメーカー製のOSです。

マイクロソフトのWindowsとアップル社のMacOSXです。

それぞれサーバー版が用意されており、機種が制限されますがかなりの機種で動作します。


ただし、アップル社のOSは基本的にアップル社のハードウエアが必要です。

3つめは仮想環境です。


有料、オープンソースタイプとさまざまな仮想環境に対応したOSが登場しており、その上で各種OSが起動しています。
個人用とでも利用が進んでいます。

BIGLOBEニュースの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

仮想環境は大きく2つに分けられ、OSの上で稼働するタイプとハードウエアを直接管理するタイプがあり、直接ハードウエアを管理するOS版は稼働できるハードウエアが限定されますが、OS上で動くタイプはハードウエアの違いは関係なく動作します。両者ともパフォーマすが上がってきていますが、CPUの仮想環境サポート機能を利用することで仮想環境と思えないほどのパフォーマンスが期待できます。OSについては用途別に選択されますが、高機能機の場合はリソースをしっかり使い、効率化もするために仮想化されてから利用されるケースが増えてきています。



top