サーバーとパソコンの違い

サーバーとパソコンの違いは物理的なリソースではそれほど違いがなくなってきています。従来のサーバーではCPU性能が格段に上でしたが、CPUの価格がそれほど差がなくなってきており、パソコン向けのCPUも処理能力が上がってきており、一部の機能では超えることもあります。

マイナビニュースのことならこちらのサイトにお任せください。

ただし、トップクラスの性能で考えると計算機能などは差があります。
また、複数のCPU運用がパソコン向けではできないのも注意点です。

あなたの探していたレンタルサーバーが最近こちらで話題になっています。

並列化した処理がOSでも増えてきているので複数CPUを利用できるかはサーバーでの重要なポイントになっています。

メモリについては搭載できる容量が差があります。
パソコン向けのマザーボードの多くは最大で64GB程度であり、もっとメモリが必要な場合は対応できません。


また、速度面でも差が多く、特にマルチチャンネルを利用した場合の速度差ははっきりしています。グラフィックについてはもともとサーバーでは重視されていない分野ですが、GPU計算が行われるようになって、マザーボードでもGPUが積まれたグラフィック機能が搭載されることも増えています。

ただし、実際の計算ではGPU数が重要になるのでグラフィックボードを転用したり、GPUカードを利用します。
サーバー向けの場合はこのカードを転送レートを活かしながら複数枚搭載できるマザーボードが採用されています。



パソコン用の場合は1枚での運用が多く複数枚搭載できるタイプは少なくなっています。

よく解る情報

サーバーで利用されるOSは大きく分けて3つの系統があります。1つはLINUXなどのUnix系のOSです。...

more

科学の特徴

サーバーといえば何十万円もかけて作成される場合が多いと思われがちですが、用途を絞れば数千円から始められます。コスト重視ならラズベリーパイと言われるARMプロセッサを利用したコンピューティングボードが利用できます。...

more

科学コラム

サーバーではパソコンと似た構成ではありますが、サーバーだけに強化されていたり、追加されている機能もたくさんあります。もっとも大きな違いはCPUである場合が多いです。...

more

科学の情報まとめ

ブログを運用する場合、レンタルサービスではなく、自前で用意する場合はVPSの利用やサーバーの構築が行われます。VPSを利用する場合でも物理サーバーと同様の手順を踏むことになります。...

more
top